スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表はある会社の前年度と当年度の財務諸表上の数値を表したものである。両年度とも売上高は4,000万円であった。前年度に比べ当年度に向上した財務指標はどれか。



応用情報
平成24年春
問77 

平成24年春問77



ア  固定費率  
イ  自己資本比率
ウ  総資本回転率  
エ  流動比率


















自己資本
自己資本は、一般的に、株主資本純資産とも呼ばれ、
貸借対照表の純資産の部に記載されている合計金額のことを指して用いられています。

総資本
総資本 = 負債(他人資本) + 純資産(資本、自己資本)

前年度総資本  700 + 500 + 400 = 1600
当年度総資本  800 + 300 + 600 = 1700

【自己資本比率】
自己資本比率が高いほど経営は安定

自己資本比率 = 純資産(自己資本、資本) ÷ 総資本


【流動比率】
流動比率が高いほど、流動資産が流動負債より多いということなのでよい

流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債 × 100

【固定比率】
分母が資本。
固定資産を取得するための資金がどれだけ自己資本によって賄われいるかを表し、
数値が100%未満であれば設備投資が健全であると考えられる。

固定比率 = 固定資産 ÷ 純資産(自己資本) × 100

設備投資が適正:100~120%
設備投資が過剰:200%以上

【総資本回転率】
総資本回転率は総資本に対して、どれだけの売上をあげられたのか?を表す指標。
同じ売上であれば、回転率が高いほうがよい

総資本回転率 = 売上 ÷ 総資本


参考:http://fsreading.net/analysis/003.shtml
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/invest/hint/ka/kotei_hiritu.html
http://buttya.com/stock/stock-revolution.html



---
答え:イ

スポンサーサイト

テーマ : IT資格
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
smarty初心者講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。