スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSS (Open Source Software)とは



Open Source Softwareとは、ソフトウェアの設計図にあたるソースコードを、インターネットなどを通じて無償で公開し、誰でもそのソフトウェアの改良、再配布が行なえるようにすること。また、そのようなソフトウェア。

 ソースコードがあれば、そのソフトウェアの類似品を作成したり、そのソフトウェアで利用されている技術を転用することが容易に可能なため、企業などでは自社の開発したソフトウェアのソースコードは極秘とし、他社に供与するときにはライセンス料を取ることが多い。

 1998年、The Open Source Initiative(OSI)という団体によって「The Open Source Definition」(OSD)という定義が発表されている。「自由な再頒布の許可」「派生ソフトウェアの頒布の許可」「個人や集団の差別の禁止」「適用分野の制限の禁止」など10項目からなり、これに準拠しているソフトウェアライセンスには「OSI認定マーク」が付与される。ただし、人々が日常使う「オープンソース」という言葉が必ずしもOSDの内容を指しているとは限らない。

参考:http://e-words.jp/w/E383AAE38390E383BCE382B9E38397E383ADE382ADE382B7.html
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウエア開発技術者検定
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
smarty初心者講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。