スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

smartyで表示したページをファイルとして保存する fetch



生成したファイルは、以下のようにしてテキストにすることができます。

$text = $smarty->fetch("index.tpl");
print $text;

これを、file_put_contents();で保存します。
file_put_contents(ファイルの絶対パス,$text);


参考ページ:
fetch

file_put_contents


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
smarty初心者講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。