スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M/M/1の待ち行列モデルを用いて,二つのネットワークを接続するゲートウェイの1方向のデータ転送を考える。1秒間にゲートウェイ内で転送処理できるパケット数が150,ゲートウェイに到着するパケット数が120とすると,各パケットのゲートウェイ内平均待ち時間(処理時間を含まない)は何ミリ秒か



ア 8.3
イ 21.3
ウ 26.7
エ 33.3














平成20年 秋期 ソフトウェア開発技術者 午前 問30




平均サービス時間 = ゲートウェイ内で転送処理できるパケット数が1秒間に150 = 1 / 150
平均到着間隔 = ゲートウェイに到着するパケット数が1秒間に120 = 1 / 120

平均待ち時間 = ( 利用率 / 1-利用率 )× 平均サービス時間

利用率(ρ) = 平均サービス時間 / 平均到着間隔
    ρ = ( 1 / 150 ) / ( 1 / 120 )
    ρ = 120 / 150
    ρ = 0.8

平均待ち時間 = 0.8 / 1-0.8 × ( 1 / 150 )
       = 4 × 1 / 150
       =26.6666666・・・


---
答え:ウ


スポンサーサイト

テーマ : IT資格
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
smarty初心者講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。