スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒアリングに関するシステム監査人の行為として,適切なものはどれか。



 ア  システム監査人は、監査対象部門に関係する管理者の中からヒアリング対象者を選ぶ。
 イ  ヒアリングで被監査部門から聞いた話を裏付けるための文書や記録を入手するよう努める。
 ウ  ヒアリングの中で気がついた不備事項について、その場で被監査部門に改善を指示する。
 エ  複数人で行うと記録内容に相違が出ることがあるので、1人のシステム監査人がすべてのヒアリングを行う。







平成21年 春期 応用情報技術者 午前 問58


















ア、監査対象部門の業務担当者からもヒアリングの対象者を選ぶべき。
エ、一人のシステム監査人が全てのヒアリングをおこなう必要はない。

---
答え:イ
スポンサーサイト

テーマ : IT資格
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
smarty初心者講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。